27122015_EU_D-BER_SONNENALLEE

Tokyo Wonder Site Berlin

[Date] 2016/3/18(Fri)-2016/3/29(Tue)
[Time] 13:00-19:00
*Opening: 3/18 (Fri) 19:00-
[Venue] Raum 139, Kunstquartier Bethanien
(Marianneplaz 2, 10997 Berlin, Germany)

 

* Tokyo Wonder Site web link [EN]  [JP]


About the work
The title, "27122015_EU_D-BER_SONNENALLEE" is derived from the title digital file displayed on his SD card.
On 27 December, 2015, he found a teddy bear at S-Bahnhof SONNENALLEE. He felt that the bear represented the city of Berlin, which had been left behind for years.
From the day he found the teddy bear, he started taking photographs and videos of his everyday life and since then has compiled them in the work "27122015_EU_D-BER_SONNENALLEE."
Through the new work, Yoshida wants to facilitate and share dialogues with the audience about their anxiety and expectation in the past, the present, and the future and want them to feel them directly in his installation work.


「27122015_EU_D-BER_SONNENALLEE」について
タイトルは、デジカメや携帯で撮影したときにSDカードに記録されるファイ ルナンバー表示に由来しています。
2015年12月27日、吉田はS-Bahn SONNENALLEE駅でクマのぬいぐるみを拾いました。それは、何年何ヶ月ものあいだ忘れ物のように置かれたベルリンを象徴するもののように感じられました。
「27122015_EU_D-BER_SONNENALLEE」では、その日から今回のレジデンスの終わりまでの毎日日々撮った写真やビデオを走馬灯やフラッシュバックかのように繋ぎ、大きく引き延ばして投影します。連続した無数の映像は、ものすごい勢いで駆け巡り、抽象的なイメージやサブミナル効果のように映ります。
最近では、デジタルカメラ、携帯カメラなどにより、写真や映像撮影がますます身近なものとなりました。さらに、インスタグラム、フェイスブックなどの媒体で思い出や記憶を気軽に「シェア」する毎日となってます。
いま現在、ベルリンは本当の「首都のような姿」になろうと、日々古いものが壊され、新しく様変わりしています。そこには、住民の反対による新しい建物に対する破壊攻撃や、いまや珍しくなったパンクの人たちの住居占拠など、抵抗がわずかに残っています。
今回の作品は、吉田の生活の「ドキュメンタリー記録」 を振り返り、過去現在そして未来に対して人間が抱く不安や期待などについて観客と対話し、「シェア」するとともに、「インスタレーション」によって直に目や耳、体などで感じてもらうことを意図しています。

Filmography

Tokyo Wonder Site / Kunstraum Kreuzberg-Bethanien, Berlin ( 2016 )

« Cat Karma Illusion » La conciergerie art contemporain, Chambéry, France ( 2016 )