top of page

Réminiscence

FILM /  PHOTOGRAPHY

Svalbard-Longyearbyen, Norway 

Year : Svalbard-Longyearbyen, Norway  2018 March

Length : 13 min 49 sec

Format : 4K ProRes 422 HQ

Music : Thomas Ghazi

Open PDF

Synopsis

Svalbard Islands - Longyearbyen, Norway is located at a latitude of 78 degrees north, a permafrost island. There, under the leadership of Bill Gates, the world's largest facility for cryopreserving the Earth's seeds began operations near the center of Spitsbergen Island in Longyearbyen. The Norwegian government calls this the Seed Ark project. Seeds of crops from all over the world are being collected and stored in preparation for the day when the Earth faces a crisis, to ensure that humanity does not perish.

This work is a project video that explores the social and historical significance of the land. While capturing images of research facilities, the wreckage of an airplane shot down by the Nazi Norwegian army, drift ice, and past coal mining facilities, I thought about what I had to think about in front of this icy wilderness, my powerlessness as a human being, my past life, and the future ahead. There are many things related to my own identity, but I could not find an answer. However, I would like to convey that I was able to gain time to think.

スバールバル諸島-ロングイェールビーン、ノルウェーの緯度は北緯78度に位置する、永久凍土島

そこに、ビル・ゲイツ主導のもと、地球上の種子を冷凍保存する世界最大の施設、スピッツベルゲン島の中心地・ロングイェールビーン近郊にて操業開始した貯蔵庫があります。
ノルウェー政府はこれを種子の箱舟計画と呼んでおります。
いつか地球が危機に瀕したとき、それでも人類が絶えぬよう世界中から農作物の種子が集められ、「そのとき」に備えているとのこと。

この作品は、その土地の社会・歴史的な意味を探求していくプロジェクト映像作品となっております。

研究所、ナチスのノルウェー軍によって撃ち落とされた飛行機の残骸、流氷、過去の炭鉱施設などを映し出しながら、
この氷の荒野の前に思ったこと、考えなくてはいけなかったこととはなんだったか、人間としての非力さ、
過去の人生こと、これからの未来。自分自身のアイデンティティーいろいろありますが、答えは出ませんでした。が、考えさせられる時間は得ることができたことを伝えたいと考えています。

bottom of page