The Plastic mind (La fontaine pluvieuse / The rainy fountain) 

HD 2:56 (La fontaine pluvieuse / The rainy fountain) 

Installation 

Rendez-Vous 2005 La jeune création contemporaine en résonance avec la Biennale d’Art Contemporain, Lyon, France, 2005/10/07-23

La Place des Terreaux cristallise avec la vie politique et artistique en 1892, l’installation de la fontaine du sculpteur Bartholdi conçue à l’origine pour une place de la ville de Bordeaux. 

 

Cent ans plus tard, elle est à nouveau déplacée, cette fois-ci au nord de la place, en face de l’entrée du musée des beaux-arts. Elle fut entièrement rénovée et équipée de 69 jets d’eau, par l’artiste Daniel Buren et l’architecte Christian Drevet. 

 

The fountain found in the Square Terreaux of Lyon crystalises the political and artistic life of the city in 1892. The fountain was originally concieved and created by the sculpter Bartholdi for Bordeaux. One hundred years later the fountain was relocated, still in the square but this time in front of the museum of Fine Arts. The fountain was completely renovated by the artist Daniel Buren and the architect Chistian Drevet with 69 water jets.

インスタレーション / リヨン ビエンナーレ(Rendez-Vous2005) 

 

リヨンのテロー広場の噴水は1892年の都市の政治上、彫刻家の バルトルディによってボルドーに元々、concievedされて作成されましたが移動させられました。

100年後に、芸術家のダニエル・ビュランと建築家 ChistianDrevetによって完全に改新し、噴水は69のウォーター・ジェットを床に作り、バルトルディーの噴水は美術館の正面移動しました。

 

彼にとっては噴水は”命の泉”であり市民のものであり、そして床から沸き上がると言うアイデアでした。

今回のプロジェクトは”命の泉”とは自分にとって人工的なメタファーととらえ、人工的な雨の装置をつくり降らせバルトルディの噴水から水を盗みダニエル・ビュランの噴水に戻すという作品です。

 

また、ダニエルビュレンの噴水、実は隣に存在するバルロトルビーのつくった噴水と地下でつながっていたことを証明する為にバルトロビーの噴水から毎時6トンの水を引き向かいにあるギャラリーに人口雨を降らせるようしかけました。