top of page

ZENTRALFLUGHAFEN

Berlin Tempelhof Airport

16.Apr.2011 Germany, Berlin

English:
Flughafen Tempelhof is a historic airport located in Berlin, Germany. Its main history is as follows: Built in the 1920s, it became the world's largest airport building in the 1930s. During World War II, it was used for military purposes by Nazi Germany. After the war, during the Berlin Blockade, it served as the base for the "Berlin Airlift" by Western countries. During the Cold War, it functioned as the main airport for West Berlin. After the fall of the Berlin Wall, it operated as a civilian airport until 2008. Since 2010, it has been open to the public as a park, serving as a place of relaxation for citizens. Today, due to its historical value, it has become one of Berlin's important tourist attractions. Tempelhof Airport is a place that symbolizes the history of Berlin and is deeply connected to important historical events such as World War II and the Cold War.

 


日本語:
フルクハーフェン・テンペルホーフは、ベルリンにある歴史的な空港です。その主な歴史は以下の通りです。 1920年代に建設され、1930年代には当時世界最大の空港建物となりました。 第二次世界大戦中、ナチスドイツによって軍事目的で使用されました。 戦後、西ベルリンの封鎖の際に、西側諸国による「ベルリン大空輸」の拠点となりました。 冷戦時代には、西ベルリンの主要空港として機能しました。 ベルリンの壁崩壊後、2008年まで民間空港として運用されました。 2010年以降は公園として一般に開放され、市民の憩いの場となっています。 現在は、その歴史的価値から、ベルリンの重要な観光スポットの一つとなっています。 テンペルホーフ空港は、ベルリンの歴史を象徴する場所であり、第二次世界大戦や冷戦といった重要な歴史的出来事と深く関わっています。


 

bottom of page